上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.30 携帯商戦
携帯電話商戦が激しいですね。
少し前までauが伸びていましたが、最近ではSOFTBANKが伸びています。
ホワイトプランや犬のCMが好結果につながったようです。
確かにあのCMいいよね。
lksjudgiug.jpg

一方auとdocomoが半額になるプランを作りました。
1年目から半額になるので新規の人には魅力的なサービスかもしれない。
しかし、おれはauを7年使っていてすでにそこそこ安くなっているので、うまみがない。

長年使っている人にとっては、
「今まで数年かけて築いてきた料金に、いとも簡単に追いつかれた。」
という印象である。

おれは古い顧客を優遇しない店は滅びると思っている。
しかし、携帯会社は寡占市場であるのでそうはならない。
携帯のいびつな料金設定もその弊害といえる。

ところでdocomo2.0のロゴを見たときは
(センスねー。2.0をつければいいってもんじゃないだろう。)
って思いました。
sfoidghuogid.jpg

B'zが20周年を迎えました。ハリウッド・ロック・ウォークにアジア初の殿堂入りをしました。今年の活躍が楽しみです。
20周年のロゴを見ました。
oiwuerhgyiougre.jpg

これを見たときはしびれました。
さすがB'z。2.0ではなく20です。
docomoの上を行く存在、それがB'zなのです。

スポンサーサイト
公衆トイレで手を洗う人の割合はアメリカで男性66%、女性88%だったらしい。(参考)

おれは何となく洗わないと落ち着かないので100%洗います。
数年前に公園の小汚い公衆トイレを使ったとき、洗面台の前にヤンキーが数人たむろしてましたが、ヤンキーの間を縫うようにしてまで手を洗った男である。

男性の66%は妥当な数字だろう。
数人の友人が「人がいないときは洗わない。」と言っていたくらいだから50%でも違和感はない。

しかし、女性の88%はどうだろうか。これは低いと思うんですよ。
9人に1人がそのまんま出てくるわけです。これは萎えるよね。
おれは保守的なので、女性は整理整頓ができ、衛生的であるのが好ましいと思っている。
手洗い率は女性98%くらいが望ましい。

そういえば夏に合宿に行ったときのことであった。
宿舎のトイレが分かりにくくて、間違って女性用に入ってしまったんですよ。
(小さい宿舎だから全部個室なのかな。)
と思い使って、出てから気づきました。
それはいいんですけどね、スリッパの向きがなってなかった。
こんな感じでした。
sdghaiuehgiue.jpg

この脱ぎ方は男子トイレと同じです。こういうのだめです。
大和撫子はこうしてほしい。
ishgiughiuga.jpg
パソコンのキーボードが壊れて1/4くらい反応しなくなってしまった。
初期化したのに直らねぇ。初期化のおかげでパソコンがずいぶん軽くなったぜ。
キーボードが効かないのにどうやってブログ書いているのかって?
いい質問だ。コピペ使ったり、手書きモードでこまめに入力したりしているのだ。

さて、ドラマが一段落しましたね。
今回も最初から最後まで見た作品はありませんでした。
『山田太郎物語』は3回まで見ました。1話目が面白かった。太郎の妹がコロッケを太郎にあげるシーンがよかった。その部分だけ録画したのを編集して保存しました。
2話目以降期待していたんだけど、途中で冷めてしまった。
育ちのよさそうな役者が貧乏な生活を演じているところに限界を感じたんだよ。

1話目に出てきたその妹役(吉田里琴)は将来性がある。
おれは宮崎あおい、相武紗季を無名のときから「来る」と思っていた。
あおいは結婚してしまった。
紗季はおれの中でピークが終わった。
それからしばらくはそういう予感がこなかった。
だが、吉田は10年後に来る。それと実写版ちびまるこに出ていた「美山加恋」も10年後に来るだろう。

もうひとつのドラマ『ホタルノヒカリ』も2話目まで見ていた。
イケメンが国仲涼子ではなく、綾瀬はるかを選んだところで冷めてしまった。
そのイケメンが出てきたとき「筋肉けっこうある」みたいなことを言われていたけど、おれの方があるし。
その後は録画はしていたんだけど、内容は早送りにして涼子が出てるシーンだけ編集して保存しました。これがけっこう大変だった。
2007.09.14 予言
おれの予言は当たるともっぱらの評判です。
「次の予言は何ですか?」
っていうお問い合わせが殺到しているのでいくつか挙げてみようと思う。

・1ドル80円になる。
最近読んだ本『ドル覇権の崩壊』で書いてあったことです。
この著者の述べていることは大体当てはまっているので来年以降ドルは暴落すると思います。

この本に書いてある興味深いことの一つは、日本の借金がドル暴落回避につながっているという点です。
ケインズの「ISバランス」で釣り合ってるらしい。
それにしても日本の借金はすごい勢いで増えています。
参考:日本の借金時計

・フォトンベルトによって人類は危機に直面する。
2012年地球がフォトンベルトに突入すると、強力な電磁波により動植物が危機的な状況になるというものである。(参考)
これに対する反論もいろいろあるので的中するかどうかは五分五分といったところでしょう。

次の首相は麻生氏か福田氏になりそうですね。
福田氏が優勢ですが、麻生氏になったら
「麻生氏が首相になったらしい。」
「あ、そう。」
というギャグが巷を賑わすと思う。


最近読んだ本『生物と無生物のあいだ』

生物Ⅱを勉強したことがある人だったら知っていることが半分くらいを占める。
この本で面白かった記述は2点ある。
一つは著者のポスドク時代の話。
もう一つはワトソンとクリックがノーベル章を受賞した影にいた女性の話です。これも聴いた事のあるエピソードだったけど面白かった。
雨と曇りの境目がどうなっているのか、ということを考えたことはないだろうか。
今日、雨上がりに犬の散歩を兼ねて近所のパトロールに向かったんですよ。
途中でやや雨が降ってきました。しばらく進んで折り返し地点に着いてUターンをしました。
そしてさっき降ってきた地点で止みました。
(ここが境目か。)
と思いました。

さて、数人の友人から推薦されていた映画『ブラッド・ダイヤモンド』を観ました。
ダイヤモンドがアフリカの紛争を長引かせる要因になっている。ダイヤモンドの採掘権の争いや、その争いが武器購入の資金源となっている。
このことから「血塗られたダイヤモンド」と呼ばれている。
こういった問題はずいぶん前に読んだ『地球買いモノ白書』で知っていたので驚くことではなかった。

ダイヤモンドは採掘され、隣国を経由して「クリーン」にして市場に出される。宝石会社は値崩れを防ぐために大量に保存している。
この映画のよいところはこのテーマを描きながら、紛争の緊張感溢れるアクションシーンがうまく絡まっている点である。

このような消費の裏側に紛争や貧困があるというのはダイヤモンドに限ったことではない。
金、石油など枚挙にいとまがない。

ちなみにダイヤモンドは供給過剰である。
ダイヤを独占し、「給料3か月分」といったイメージ戦略をして価格を維持しているに過ぎない。

この映画を観てダイヤを買うのをやめようと思っても、それは問題の本質とは少し違う。
輸入品に囲まれている中で、いい消費とは何かを考えさせられた作品である。
2007.09.03 夏休みの様子
9月になって涼しくなってきましたね。
8月は暑かったので今年は強い台風が来るかもしれません。
なぜなら海水温が上がって勢力が強くなるから。

さて、小中学生は夏休みが終わりました。自分はもうちょっとあります。
夏休み何やってるの?ってたまに聞かれるのでちょっと書こうと思う。

ゲームはスーファミをしています。ひと夏の思い出にしようと思って始めたFF4は途中でバグって断念しました。
次にゼルダの伝説をクリアしました。
今はクロノトリガーを始めました。

音楽は10月に発売されるB'zの新曲が楽しみですよね。
他の一般ピーポーが聴きそうなアーティストでは中島美嘉の『LIFE』が最高にいいです。
近年のJPOPは「B'zとその他」という勢力図だと思ってたけど、久々の当たりがきました。

漫画はワンピースを46冊『LIFE』を聴きながら読みました。かなり時間かかった。

本も読んでます。まだ読み終わってないのでタイトル、レビューは今度書くかもしれません。

肝心の本分ですが、卒研のテーマを思案しています。具体的な研究はまだしていない状態です。
テーマがすでに通算20個くらいボツになってるので、ネタ切れ気味です。
やばい。
lisuefhoiuwey.jpg

DVDで『ゴーストライダー』を観ました。おれがニコラスケイジ好きだというのは有名です。
アメリカではニコラスの作品中最も収入があったらしいので期待していました。しかし、ストーリーがつまらなかった。
ハリウッドによくあるんだけど、恋愛的要素が邪魔だと思う。
ただ、ニコラスがドクロに変身するシーンは圧巻である。
また、バイクに乗って爆走するシーンは格好いい。走り去ったら爆風で近くの車が横転する。スピードガンを構えていた警官が吹っ飛ぶ。
これだけでも観る価値はあった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。