上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大相撲観てましたか?
おれは録画して15日間観てました。
魁皇、千代大海、琴光喜の3大関は8勝7敗でした。
この結果は12日目が終わったときに予想してました。そしてその通りになりました。
この全盛期が終わった3人は勝ち越すのが目標になっているからです。
烈海王風に言うと、「大関の地位も墜ちたものだ。」と思いました。

さて、3年前に海外へ旅行したときに余ったドル札を両替してきました。
カンボジア通貨のリエルは扱っていないので両替できませんでした。
そのリエル札を見て気づきました。
ヨレヨレな紙幣がけっこうあるのです。
紙をくしゃくしゃにすると布みたいになりますよね。あんな感じです。
日本ではこのような状態の紙幣を見かけることはないでしょう。
それは、一万円札なら4,5年、五千円札・千円札なら1,2年で裁断して新しい紙幣を発行しているからです。
このシステムは日本人がお金のやりとりに銀行を通すから可能なのだと思います。
また、1日に裁断される紙幣の量は7トンらしい。
裁断される量の半分がリサイクルされている。
よって、リサイクルなどのインフラも整っている必要がある。

一方、カンボジアは個人経営の店のやりとりでお金が回っていることが多いと思います。
すなわち、紙幣が地域で循環しているのです。
よって、裁断、発行されずに何年も使われている紙幣があるのです。

タイの通貨バーツの紙幣はカンボジアより状態のいいものが多かったです。
このように、紙幣を通してその社会の経済発展の様子が垣間見えたのでした。
スポンサーサイト
ゴールデンウィークはどこに行っても混んでますね。
ETCで高速道路が1000円になったもんだから高速道路の渋滞が半端ないことになってたらしい。
去年の今頃はガソリンが高くて比較的空いていたのに、すぐこれだ。
SAの男性用トイレの一部を女性用にしているところもあるとか、もう何でもアリな感じだ。

個人にとっては安いからといって車に乗っても、社会全体から見たら、渋滞になるわ排気ガス出すわで不利益が大きくなります。
利益相反行為の一種ですね。

おれは最近ますます渋滞や人混みが苦手になりました。
運転していて渋滞はかなり苦痛だということがわかった。ウトウトして追突しそうになったわ。満員電車での疲労感も大きくなった。
うちの近所にマンションがめちゃくちゃ建った。
近年人が多いところに人が集まる現象が加速しているような気がする。
浸透圧かよ、みたいな感じだ。

さて、研究室対抗のソフトボール大会に出たぞ。
おれはいつも通り4番で出場した。

張り切ってバッティングセンターにも行った。
そこのバッティングセンターは最悪だった。
球が低すぎてワンバウンドする。上げるように調整したら、球がネットに引っかかって出てこなかったり、球がマシーンに入ってない状態で「ビュン」って動く。(1球分損する。)
もう、ここには二度と行かん、と誓ったのだった。

試合の方は4打数1安打でチームは惜しくも負けた。
ソフトボール.wmv_000004715
この写真は最後の打席で投手ゴロにも関わらず全力疾走する様子だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。