上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、大学は試験期間です。おれは今回テストがないので試験監督に応募しました。
毎日朝から晩までOKという希望を出して試験監督マスターの異名を取ろうとしたんだけど、希望者が多くて全部で11コマになりました。
すでに3コマやりました。試験の担当教官の人当たりが悪いとテンションが少し下がります。

まず用紙の配布をします。次に学生証の点検をします。そのとき律儀に顔を上げてくれる学生と目が合うとやや気まずい感じがします。顔を上げる女子生徒はいなかったので上目遣いが見られたとかそういうのはなかったです。はい。

その他の時間は巡回です。あまり巡回をしても学生の気が散るかもしれないので間隔を開けながら歩きました。ここらへんは気配り上手ですよね。
法学部の学生の答案を見て(めっちゃ書いとるやん。)って思いました。

試験官は一般学生が立ち入り禁止の待合室に入ります。そこでは麦茶が飲み放題です。
こういう特別扱い的な処遇が好きです。
しかし、特別扱いされている人を見るのは嫌いです。

PS:先週母校の臨海学校に指導者として参加しました。とても日焼けしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。