上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.08 さぬきうどん
渋谷でさぬきうどんを食べました。
ラーメン屋はよく行くけど、うどん屋は久しぶりです。

食べたのは「生醤油うどん」です。
「なま醤油うどん」と言って注文してしまったが、そこはご愛嬌だろう。正しくは「きじょうゆ」です。

この生醤油うどんは汁がなく、だし醤油を少しかけて食べます。
これが「うどんの刺身」と呼ばれる所以です。
つまり麺そのもののうまさを味わううどんです。
この前紹介した「油そば」に通じるものがありますね。
ま、絵で表すとこんなかんじです。
udon.jpg

写真で表すとこんな感じです。
070407_1240~01.jpg

これが想像したよりずっとうまかった。
予想は裏切り、期待は裏切らないというやつだ。
茹でた後に冷水でキュッと固めた麺はコシ、食感ともに最高。
うどんで感激したのは四国で食べた「四万十うどん」以来です。
今まで麺類といえばラーメンだった感性そのものを根底から変えなければならない、そう思った。

うまいと思ってそれでお終いではない。
家で作ってみました。
冷凍うどんを茹でて、すぐに氷水で冷やす。
そしてかつおぶし、しょうが、ねぎを急いでトッピングします。
冷水で固めたあとは秒単位でコシが失われるので、ここのスピードが勝負です。
でも焦ったらだめかなと思い、のんびりトッピングしました。
できたのがこれだ。
P4080113.jpg

かつおぶしが多すぎた感は否めないものの、十分おいしい物ができました。
みなさんも作ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bzbz.blog18.fc2.com/tb.php/317-2b2f1a33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。