上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B'zのシングル『永遠の翼』が発売されました。
学校帰りにいつもの店で買おうとしたら、まだ置いてませんでした。
ファック。ス。 FAX。
(B'zを置いていないとは、へそで茶をわかすぜ。)と思って違う店に行きました。

その店でかかってる音楽が『永遠の翼』でした。これって運命(さだめ)ってやつだろうか。
その曲が終わったら、またリピートでかかっていました。
あれ?と思って終わったらまたリピート。さらにリピート。
店員すごいな、と思った。同じ曲を連続してずっと聴いているのは苦痛に感じるものだ。
おれはこの新曲を買ってから20回は連続して聴いたけど、好きな曲ではなかったらきついと思う。

この曲はバラードですね。いい曲です。ただ、辛口の意見も述べることにしよう。B'z好きなおれにとってつらいことである。好きだから言わなければならない。
泣いて馬謖を斬る心情である。

サビの部分がOCEANっぽい。
カップリングの曲も大変良いのだが、アルバムにある何かの曲っぽい。
新鮮味が薄いのである。
次回はハードロックを期待したい。

歌詞は相変わらずいいですよ。
注目したのは以下の部分である。
絶望の先に必ずある ひと筋の希望の光
以前『ゆるぎないものひとつ』で
絶望の真ん中を見つめましょう
という部分について考察したことがある。(参考
希望とは満ち溢れた状態ではなく、絶望がまわりにある中でわずかに輝いているものなのかもしれない。
そんな素敵な歌詞に思えてならない。


さて、以前に紹介した映画『六ヶ所村ラプソディー』の上映会が13日に駒込であります。監督の鎌仲ひとみさんも来ます。自分はスタッフとして参加します。一緒に参加したい方はメールください☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bzbz.blog18.fc2.com/tb.php/324-a57317d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。