上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.16 感受性
学校に行く途中の道で小学生2人組が歩いてました。
2人とも下を向いて虫を探しながら歩いてるようでした。その心意気やよし。
一人が言いました。
「あっ、ダンゴ虫。」
「しかもオスだ。」
めっちゃ性別の識別早いと思いました。

さて、ドラえもんをちょっと読みました。
のび太の先生が
「目はなぜ前についていると思う?前向きになるためだ。振り返らずに進め。」
というようなことを言ってのび太を励ましました。
その言葉に感動したのび太は周りのいろんな人に言います。
「ねえ、なんで目は前についてると思う?」
しかし、
「後ろにあったら髪が邪魔でしょ。」
と相手にしてくれません。
ドラえもんに
「目が前についてるのは前をみるためなんだよ。」
と言葉足らずに言っても意味不明な感じで伝わりませんでした。

感動した経験をいかにそのまま伝えるのかというのは難しいものです。
また、聞く人の感受性や経験に左右されることが多い。

そんなわけで、6年くらい前に感動した映画を借りて観ました。
『アサインメント』という映画で、犯人と同じ顔を持つ男を訓練して犯人を捕らえるという内容です。
訓練によって実力が上がって、犯人の女の部屋に行ってもするどい洞察力によってトラップを見抜くところに感動しました。
6年前に観たときはもっと感動したような気がする。
小学生の頃にはまったゲームを今やっても、何か面白くないと感じるときってあるよね。そういう感じだと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bzbz.blog18.fc2.com/tb.php/332-691ac530
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。