上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学部の研究室対抗ソフトボール大会に出場しました。
エントリーが期日に間に合わなかったらしいので、いきなり敗者復活戦からです。

バッティングセンターに行ったり、夕方に練習したりして臨みました。
ポジションはキャッチャーです。
キャッチャーで4番」という響きに憧れがあったので、調子ぶっこいて
「おれが4番じゃなかったら出る気ありません。」
って先輩に言いました。
そしたら本当に4番なってしまいました。
しかし、練習では不振に苦しみました。いわゆる4番の重責ってやつです。

炎天下のもとで試合が始まりました。1回のランナー1,2塁の好機で早速回ってきました。力みすぎて内野フライに倒れました。いわゆる4番の重責ってやつです。

次の出番では流れに逆らわず、思い切り引っ張ってレフト前安打で打点1が付きました。
次は鈍足を生かした内野安打でした。
その次も相手の守備が下手だったのもあって内野安打になりました。
最後はゴロで凡退。
つまり5打数3安打1打点でした。

自分のチームの女性が打者になったとき、相手ショートがゴロに備えて投手より前まで出てきました。
なんかキモかったので、
「投げる前に投手の前に出ちゃだめなんすよ。」
ってルール知らないけど、注意した。
相手は「そんなルールあんの?」って言ってきたけど、
「野球ではそうですよ。」
って知らないけど言って納得してもらいました。

守備では、ソフトボールのキャッチャーは楽かと思ってたけどバックホームのときに相手が突っ込んできて取るのが難しかったです。
「2アウトだよ」と言うときの合図
ajkhwqfgafi.jpg
これをいかんなく発揮しました。

チームは負けました。おれたちの夏が終わった、そんな感じでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bzbz.blog18.fc2.com/tb.php/336-b1d15bca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。