上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.18 流行語の弊害
最近夜が寒くなってきましたね。
秋晴れのときでもかなり冷えます。これは熱を閉じ込める働きをする雲がないため、昼夜の気温差が大きくなるためです。
電車の広告に載ってたから間違いない。

さて、この前おれのテリトリーである渋谷に行ったんですよ。
駅前で「Free Hugs」をしている団体を見ました。
Free Hugsというのは見知らぬ人と、抱き合って感情を伝え合うというオーストラリアから始まった活動です。
Free Hugsと書かれた看板を持っている人に「オイーッス!」とか言いながら抱き合うわけです。

この日見かけた団体の中に若い女性が3人いて、ちょっと気になりました。うひょって感じでした。人だかりがけっこうできていたので素通りしました。

そういえば、そろそろ流行語大賞の季節ですね。
普段話す言葉の中に無意識に流行語が混じってしまって、もどかしい気持ちになることはありませんか?
おれはあります。
例えば、「そんなの関係ない。」とかです。
流行する前からたまに出る言葉なので、ふいに出てしまって
(しまった。)
と思うときのどうしようもなさです。

相手もその言葉に乗るのかどうか迷ってるような気配がして、なおさらどうしようもない。
「あ、ああオッパッピー」
みたいな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bzbz.blog18.fc2.com/tb.php/353-3ef9218f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。