上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.03 太陽の黒点
最近肌寒くなってきましたね。1週間前は布団をかけずに寝ていましたが、今は2枚かぶってますよ。
暑かったときは、寝る前に1杯水を飲んでいたんだけど、今もそれをやると必ず夜中にトイレに行きたくなって目が覚めます。そういうの嫌だよね。寝た気がしなくて、嫌ですね。

さて、太陽表面の黒点が観測されなくなりました。(参考
黒点は太陽の活動がさかんになると見られる。黒点がないということは不活発ということです。
近年地球の気温は上昇傾向にありましたが、黒点がなくなることで一転して、気温が下がるかもしれません。
もし気温が下がれば、二酸化炭素濃度も減るでしょう。なぜなら、海水に溶け込みやすくなるからです。ボイルシャルルの法則ですね。

気温の上昇の原因は二酸化炭素だと世間一般では言われていますが、太陽からのエネルギーの方がよっぽど影響を与えるのではないでしょうか。
そもそも気温の変動する要因はたくさんあるはずです。それなのに、なぜ二酸化炭素だけがクローズアップされているのかということに疑問を持った方がいいと思う。

こういうことではないだろうか。実際は太陽など、他の要因の影響が大きいけれども、そういうのは人類ではコントロールできない。コントロールできそうな二酸化炭素を減らしてはどうだろうか、ということではないだろうか。

無駄なエネルギー消費を抑えて、二酸化炭素を削減するのは大事だが、二酸化炭素を削減すればこれくらい効果があります、という具体的な説明をもっと国やマスコミはするべきだと思う。
二酸化炭素を減らせば気温が下がるというような単純なことではないと思うからです。
やみくもに何%減らすという目標ばかり掲げて、それを妄信するのは集団催眠術にかかっているような危うさを感じますね。

それにしても宇宙は巨大ですね。地球がとても小さく感じます。
太陽をボーリングのボールとすると地球は米粒くらいでしょうか。
(参考The Size Of Our World
gasgasg.jpg
その太陽を米粒とすると、アークトゥルスがボーリングボールくらいです。
ghasghas.jpg
そのアークトゥルスを米粒とすると、アンタレスがボーリングボールくらいです。
hfhhahhad.jpg
このアンタレスくらいの大きさの目を持った生物がいたら、その生物にとって地球の人間を認識することができるのだろうか。多分できないと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bzbz.blog18.fc2.com/tb.php/376-5165ce6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。