上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、大学は試験期間です。おれは今回テストがないので試験監督に応募しました。
毎日朝から晩までOKという希望を出して試験監督マスターの異名を取ろうとしたんだけど、希望者が多くて全部で11コマになりました。
すでに3コマやりました。試験の担当教官の人当たりが悪いとテンションが少し下がります。

まず用紙の配布をします。次に学生証の点検をします。そのとき律儀に顔を上げてくれる学生と目が合うとやや気まずい感じがします。顔を上げる女子生徒はいなかったので上目遣いが見られたとかそういうのはなかったです。はい。

その他の時間は巡回です。あまり巡回をしても学生の気が散るかもしれないので間隔を開けながら歩きました。ここらへんは気配り上手ですよね。
法学部の学生の答案を見て(めっちゃ書いとるやん。)って思いました。

試験官は一般学生が立ち入り禁止の待合室に入ります。そこでは麦茶が飲み放題です。
こういう特別扱い的な処遇が好きです。
しかし、特別扱いされている人を見るのは嫌いです。

PS:先週母校の臨海学校に指導者として参加しました。とても日焼けしました。
学会発表で徳島に行ってきました。
去年軽くやった実験をまとめて論文にしました。

二日間の学会で、おれは二日目の発表でした。
しかし、二日前から現地入りしました。
一日目は見学をしました。
何十個もセッションがあり、その1つのセッションの聴衆はだいたい20人くらいです。

なんとなく雰囲気がわかったので、午後から鳴門海峡の渦を見に行きました。一人で。スーツで。
徳島駅からの電車の車両が1つだったことに少し驚きました。
船からよく渦が見えました。
P6130077.jpg

夜は阿波踊りを見に行きました。
P6130097.jpg

二日目に発表しました。自分のセッションは人気があって120人くらい聴衆がいて面白かったです。
発表も質問に対する答えもよくできた。
しかし、今後の実験に関して煮詰まっていることも再認識させられました。

徳島は気候が温暖で、住みやすそうな所だなと思いました。
大相撲観てましたか?
おれは録画して15日間観てました。
魁皇、千代大海、琴光喜の3大関は8勝7敗でした。
この結果は12日目が終わったときに予想してました。そしてその通りになりました。
この全盛期が終わった3人は勝ち越すのが目標になっているからです。
烈海王風に言うと、「大関の地位も墜ちたものだ。」と思いました。

さて、3年前に海外へ旅行したときに余ったドル札を両替してきました。
カンボジア通貨のリエルは扱っていないので両替できませんでした。
そのリエル札を見て気づきました。
ヨレヨレな紙幣がけっこうあるのです。
紙をくしゃくしゃにすると布みたいになりますよね。あんな感じです。
日本ではこのような状態の紙幣を見かけることはないでしょう。
それは、一万円札なら4,5年、五千円札・千円札なら1,2年で裁断して新しい紙幣を発行しているからです。
このシステムは日本人がお金のやりとりに銀行を通すから可能なのだと思います。
また、1日に裁断される紙幣の量は7トンらしい。
裁断される量の半分がリサイクルされている。
よって、リサイクルなどのインフラも整っている必要がある。

一方、カンボジアは個人経営の店のやりとりでお金が回っていることが多いと思います。
すなわち、紙幣が地域で循環しているのです。
よって、裁断、発行されずに何年も使われている紙幣があるのです。

タイの通貨バーツの紙幣はカンボジアより状態のいいものが多かったです。
このように、紙幣を通してその社会の経済発展の様子が垣間見えたのでした。
ゴールデンウィークはどこに行っても混んでますね。
ETCで高速道路が1000円になったもんだから高速道路の渋滞が半端ないことになってたらしい。
去年の今頃はガソリンが高くて比較的空いていたのに、すぐこれだ。
SAの男性用トイレの一部を女性用にしているところもあるとか、もう何でもアリな感じだ。

個人にとっては安いからといって車に乗っても、社会全体から見たら、渋滞になるわ排気ガス出すわで不利益が大きくなります。
利益相反行為の一種ですね。

おれは最近ますます渋滞や人混みが苦手になりました。
運転していて渋滞はかなり苦痛だということがわかった。ウトウトして追突しそうになったわ。満員電車での疲労感も大きくなった。
うちの近所にマンションがめちゃくちゃ建った。
近年人が多いところに人が集まる現象が加速しているような気がする。
浸透圧かよ、みたいな感じだ。

さて、研究室対抗のソフトボール大会に出たぞ。
おれはいつも通り4番で出場した。

張り切ってバッティングセンターにも行った。
そこのバッティングセンターは最悪だった。
球が低すぎてワンバウンドする。上げるように調整したら、球がネットに引っかかって出てこなかったり、球がマシーンに入ってない状態で「ビュン」って動く。(1球分損する。)
もう、ここには二度と行かん、と誓ったのだった。

試合の方は4打数1安打でチームは惜しくも負けた。
ソフトボール.wmv_000004715
この写真は最後の打席で投手ゴロにも関わらず全力疾走する様子だ。
就職活動のその後を書こう。
面接をもう何回か受けました。
法則を発見しました。
礼儀よくしていると小さくなってしまい、その結果面接官の質問が鋭くなります。
そこで、最近ではオールバックにして足を開いて胸を張って威厳を出すようにしています。
すると、質問に答えやすくなった気がします。つまりハッタリ勝負です。

履歴書の趣味の欄に「相撲観戦」って書いてるんだけど、どの面接官もそれについて何も触れてきません。相撲の話で盛り上がるかな、と思ってるんですけど、そんなことないですね。
「筋トレ」っていうのも書いてるんだけど、そこはわりと触れられます。
面接官(メタボ)に「筋肉あるようには見えないけど、脱いだらすごいの?」と聞かれました。
「ええ。」って言いました。
面接官が美女だったら触らせてあげてもよかったです。

説明会もいろいろ参加しました。大企業も中小も参加しました。
おれは大企業には何か違和感を覚えてしまいますので、そこそこの規模の企業にしようかと思います。

説明会に参加して感じたことは、
「最近の若者ってこんなに礼儀正しいの?」
ってことです。
履歴書を人事の方に手渡しするとき、椅子から立ち上がり、
「履歴書よろしくお願いします!」
と言って渡す人がいたり、
「昨日はお電話ありがとうございました。私○○と言います!」
とお礼を言う人がいたり、説明会に遅刻して休み時間に
「先ほどは遅れて申し訳ありませんでした。以後このようなことはないように気をつけます!」
と言う人がいたり、まじ半端ねぇわ。

先日は初めてのグループディスカッションを受けました。
初対面の人と議論することを楽しみにしていました。
実際けっこう面白かったです。
7人である議題について話し合いました。
役割分担のとき、司会、書記、タイムキーパー、それぞれみんな立候補するのが早すぎて衝撃でした。
おれはそこではあまり積極性は出せなかったです。言ったことは
「○○さんの意見いいですねー。」
これを連発していた気がします。たまに
「付け加えると××がいいと思います。」
と言って他人の意見におんぶしていました。
こりゃ通らないかな、と思っていたけど通過したのでなんかよかったぽいです。
2009.03.03 就活日記
最近の就活の様子を書こう。
地方就職用のマイナー系の説明会に行きました。
テレビ局が来てて記者とカメラマンにインタビューをされました。その後に、おれに密着取材したいから家まで行っていい?って聞かれました。
ちょっと普段よりフェロモン出し過ぎたかな、と思いました。
その記者がなんとなくうさんくさい顔をしていたので、断りました。

先週は面接を受けに長野県に行ってきました。
面接の前に工場見学をしました。
1グループ8人で女性社員(けっこう若いよ)に引率されて回りました。
エレベータに乗って、降りるとき、社員が扉を開けてて最後に降りるんだけど、おれはそのとき「絶」を使っていたので、社員がおれに気づかずに先に降りました。ちょっとして気づいて
「あ、すいません。ふふ。」って笑ってました。おれも笑いました。

面接ではそこの企業が精神的強さを求めてるらしいので、おれはそういうタフさは自覚ないんだけど、ここぞとアピールしときました。
面接官も納得してたのでよさげな感じだ。
一次は通ったみたいなので、また今度役員面接に行くと思います。

他にも知名度の低い企業の説明会に5社くらい回ってます。
ほとんどの企業が採用数を絞ると言っていました。
エントリーした企業の中には「今年度の新卒採用をやまめした。」という連絡がきたところもあります。
例年80人程度採用している大手なのに、びっくりしました。オラびっくりしたぞ。

このような状況をおれは逆にラッキーだと思っています。去年までのような新入社員が多いときに入社して、今度から後輩があまり入ってこない、という状態の方が不安ですよ。
採用が厳しいときに入ったら、それだけでちょっとレアものになれるのです。
2009.01.23 苗場
就職活動を始めている友人が多くなってきました。
自分はまだ何も始めていません。
先週、渋谷でラーメンを食べようと思い立ち、昼過ぎに学校を出ました。
学校を出るとき、知人に会ってスーツ姿で就活中でした。
ラーメン食べてる場合じゃないな、と思いました。まぁ食べたんだけど。

2週間前に苗場でスキーをしに行きました。正月にスキーを一式買ったので滑りたい気持ちだったからです。
スキー板はデザイン重視で決めました。赤色がいいなと思っていて、格好いいのがありました。赤と黒のマンチェスターユナイテッド風の板です。
alksjdhgakj.jpg
ウェアも黒と赤で揃えました。

スキー場はやや混んでいたけど、多く滑られてよかったです。
安い宿に泊まりました。
宿にある自動販売機で「お~いお茶」を買おうと思ってボタンを押したら、無名メーカーのわけわかんないお茶が出てきました。
経費削減してるんだな、と思いました。
朝食に納豆が出てきました。パックを見ると賞味期限が切れていました。
納豆だし、1日くらいだったらいいだろう、って感じですけど、5日過ぎていました。
これにはびびった。友達もびびってた。

今シーズンあと2回はスキーに行こうと思います。
大学生協主催の就活フォーラムに参加しました。
いわゆる就活セミナーがどういうものなのか知りたいので行ってみました。
服装自由って書いてあったので私服で行きました。すると会場の学生は9割くらいスーツ着ていました。それを見て、なんか優越感を覚えました。

セミナーの最初はガイダンスでした。簡単に言うと、企業分析が大事とかいう話でした。
その後、学生は32社の企業ブースを回ることができます。
特に企業を決めていないので、人がいないところに入りました。
自分と企業の担当者のマンツーマンで説明をしてくれました。
自分は担当者のユーモアに大げさに笑ったりして、雰囲気をよくしました。その努力のかいあって、なごやかな様子でした。
しかし、担当者に専攻を聞かれて、答えると、機械や電気系以外はあまり必要としていないということをやんわり言われました。担当者のテンションが下がったようでした。自分も下がりました。
そんな感じで1社目は終わりました。

次のブースを考えてると、半導体関係の企業の担当者が「説明聞かない?」と声をかけてきました。
断る理由もないですから、そのブースに入りました。またマンツーマンです。
ちなみにセミナーの参加学生が少ないわけではありません。他のブースでは立ち見もけっこう出てました。つまり、マイナー系の企業には学生が寄ってこないのです。
担当者は「今日暇で困ってたんだよ。」って言ってました。おれは笑いました。
自分は半導体は近年不況だから、どうなんだろう、と考えていました。担当者の説明では、確かに不況だが、半導体が使われなくなることはないし、取引先は世界中にあるから仕事に困ることはない、とおっしゃっていました。
そういう話を興味深く聞いていたところ、一人の学生が参加してきました。その学生はここの企業のセミナーに以前参加したことがあるらしくて、説明の途中で「あ、この説明聞いた。」とか言ってました。
質疑応答の自由に話す時間で、彼は「ここの企業は平均年収が1000万超えてていいっすよね。」って言いました。
へぇーって思ってたら、続けて、「同業者の××社は○○万円、△△社は○○万円しかない。それに横の学生がたくさん集まってる企業は○○万円しかない。」と、5社くらいの年俸を語り出しました。
(出た、年収マニア。)と思いました。担当者は「よく勉強してるね。」と言いました。

この日は夕方から用事があったので、あと1社回って帰ることにしました。1社30分もあれば終わると思っていました。
最後の企業も初めは自分1人でした。担当者が熟女でした。彼女は「うちは本社が関西だから東京はアウェイで学生が集まらないよ。」って言いました。おれは笑いました。
途中から2人の学生が加わりました。説明の中でクイズがあって正解して熟女にシャーペンをもらいました。彼女の説明がやたら長くて、1時間くらいかかりました。(おいおい、他に企業もあるのに時間取り過ぎやろ。)って思っていました。
熟女の説明が終わると、次に若い男性担当者の仕事内容の説明になりました。さすがに時間が厳しくなったので、挨拶して途中退出するという不本意な形で幕を下ろしました。

初めてセミナーに参加してみて、意外と面白かったな、と思いました。マニアック系のセミナーがあったらまた参加したいと思います。
2008.09.07 夏休みの様子2
大学のオープンキャンパスがありました。自分の研究室が来客者(高校生)に説明する役になりました。
そこで、自分が学科の説明をして、実験の体験をさせました。思ってたより、高校生が多く来ました。全部で81人でした。女子高生を間近で見られて嬉しいと言ってる人もいました(おれじゃないよ。)

ここの大学に入りたいから来たという人もいれば、学校の夏休みの宿題でオープンキャンパスを見に行かないといけないから来ましたっていう人もいました。
高校生は全体的におとなしくて、実験の体験のときも消極的だったのが印象に残りました。

ところで、大学院の成績が出ました。院で必要な授業はすべて履修できました。院ではオールAを目指してがんばってきたのですが、1科目Bになりました。
院の授業は学科の専門分野にこだわらずに取ってきました。
大学院で専門分野ばかりやっていると、視野の狭い人間になっていくからです。まるで、深い溝の先が細くなっていくように。
これからもいろんなことに興味を持てるように、広いアンテナを張っておこうと思います。
2008.08.10 夏休みの様子
夏休みが始まって2週間くらい経ちました。研究室の合宿とバイトで普段以上に時間のない日々を過ごしました。

合宿は軽井沢の方に運転して行きました。合宿中の休み時間にゲーセンに行って、友人が「あのぬいぐるみ取れそう。」と言って3回チャレンジした末にゲットしました。しかし、ぬいぐるみ自体に興味がなかったようで、すぐにくれました。

塾のバイトは夏期講習で朝から晩まで入っていました。社員の方から「初めの3分くらい雑談して盛り上げて。」と言われていて、それがけっこう難しいです。
雑談じゃないけど、けっこう自慢はしています。「おれはこの問題暗算でできたよ。」とか「もっと難しい因数分解でも解けるよ。」とか。生徒の反応はあまり無いけどね。

ところで、最近やけに暑いよね。昨日は今年最高気温だったけど、部屋のクーラーをつけずに過ごすことに成功しました。
やり方はこうだ。上半身を脱いで、扇風機を近くに置く。暑くなって汗をかいても扇風機によってすぐに気化熱となって体温が奪われるという仕組みを利用したのです。このとき、扇風機の首振り機能はつけておこう。なぜなら、一カ所に風を当て続けていると体に悪いかもしれないからです。

暑い日はアイスがおいしいよね。最近のイチオシは「ICE BOX 温州みかん」です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。